在宅ワークのオペレーターに関する内容を見ておこう!

在宅ワークでは「オペレーター」というものでもお金にすることが出来ます。特に有名なのが「DTPオペレーター」「CADオペレーター」の2種類です。それぞれ、「デザインやレイアウト」「建築物、工業製品」に関わりのあるものなので、それらに興味のある方は必見です。

在宅ワークのオペレーターの一つ、DTPオペレーターは「出版物のレイアウト、デザイン」を行うもので、メディア系、広告系に関しての興味のある方にオススメ。一般的に会社や派遣先でDTPに触れ、そこからフリーランスで仕事をするという方が多いようです。

在宅ワークにおける「CADオペレーター」は、主に「建築物、工業製品」の設計に必要な図面を作成するというもの。コチラもDTPオペレーターと同様で、経験を積んで仕事を受けるという形なので、まずはソフトの勉強が必要となるでしょう。それぞれに興味のある方は、挑戦してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Posted by: admin on Category: 在宅ワーク